三陸鉄道の旅

 今回の旅は三陸鉄道の新規営業区間を乗車し、山田町、並びに大槌町を探索しようというものである。

DSC_0928
ピンボケが酷い

 6時発の釜石行きの普通列車で向かう。四月の上旬だが透き通るような寒さで沿線にも薄らと田んぼの畦道の日陰になったところなどに雪が残っている。

DSC_0931
釜石駅
DSC_0932
続々降りてゆく

 宮古駅に到着。3時間あまりの乗車であったが特に釜石線区間は沿線風景に見所が多く全くその乗車時間の長さを感じさせない。

DSC_0934
釜石駅の地下通路

 時間に余裕があったので駅舎の外へ出てみることにした。リアス線の表示はJR東日本のものと同じものに思える。

DSC_0935
釜石駅舎

 こちらが釜石駅舎。銀河ドリームラインの名に恥じない洒落た外見である。ラグビーのワールドカップ開催とあって今夏は非常に賑わうのだろう。

DSC_0936
三陸鉄道の駅舎

 こちらは三陸鉄道の釜石駅舎。経営難を隠すこと無く乗客に見せつける。驚いたことにここでは入鋏や押印を行っていなかった。

DSC_0937
新日鉄住金

 新日鐵釜石工場。大島高任以来の製鉄の歴史を歩む。橋野高炉跡が世界遺産に登録されてから観光客は増えたのだろうか。

DSC_0938
三陸鉄道の通路

 地下通路はかつての栄華の名残だろうか。ここを労働者が埋め尽くすこともあったのだろう。

DSC_0940
ラッピング車両

 こちらは三陸鉄道のホーム。現在はJRのホームと共用している。かつての仮乗降所のような簡易なホームは使っていない。

DSC_0942
標準型

 先頭車は三陸鉄道を象徴するような塗装である。いよいよ三陸鉄道の旅、そして未踏の地である大槌への旅が始まった。

DSC_0943
つり革

 つり革は木製である。南部の鼻曲がり鮭、そしてラグビーボールを象っていると思われる。

DSC_0945
両石湾
DSC_0947
両石の漁港

 釜石を出てすぐの山を越えると両石である。国道45号で訪れる山間の小漁村といった風情を抱いていたが、かつての印象に違わず箱庭のようなこじんまりとしている風光明媚な土地である。

DSC_0949
駅名標

 両石駅の駅名標。

DSC_0951
鵜住居駅

 両石を出て山を越えると鵜住居。小学校時代に震災関連で訪れた地である。語り部の話を聴き津波の凄惨さを感じたが、駅前の荒涼とした風景を見るといかに津波の威力が絶大であったかが分かるだろう。

DSC_0953
鵜住居駅舎

 鵜住居駅舎は大規模でそれなりの需要を見越しているようだ。

DSC_0954
駅名標

 交換もできる駅で、既に対向の列車が止まっていた。停車時間僅かにして未踏の地である大槌へ向かってゆく。

DSC_0955
大槌に入る

 山を越えると大槌の平野部へと入る。大槌も津波が酷かったところで役場の中枢が数多く犠牲になってしまったことなどはよく知られている。鵜住居と同じく海浜地区には賑わいがない。

DSC_0956
駅名標

 大槌駅に到着。

DSC_0957
一面二線

 ここでは途中下車をして大槌町内を散策する。詳細はこちらに紹介したいのでここでは手短に。

DSC_0958
乗ってきた列車

 カラフルで見ていて楽しい。JRのようにお金を掛けずとも十分な工夫ができることの証左である。特につり革は面白い。

DSC_0959
去ってゆく

 列車を見送る。

DSC_0960
新しい遮断機

 構内踏切の旅の字が旅情を誘う。移ろう雲に丁度太陽が隠れたころで多少の不穏さも含んでいる。

DSC_0961
大槌駅舎

 ひょうたん島を象った駅舎。ひょうたん島に関して私は何も知らず映像を見たこともないので僅かばかりの思い入れもない。

DSC_1032
ひょうたん島

 駅前広場にはひょうたん島の何らかのキャラクターが立っている。主役だろうか。

DSC_0977
奥にひっそりと浮かぶひょうたん島

 城山公園から大槌湾を眺めるとそこには蓬莱島。足下には春を急ぐ花が我先にと競っている。

DSC_1015
小槌神社

 山麓にある小槌神社。巨大な樅の木があるが杉の木に隠れて見えない。弟が引いたくじは大吉であった。

DSC_1035
これから乗り込む列車

 2時間ばかりの滞在の後陸中山田駅へ向かう。一両編成の車内は混雑している。

DSC_1037
小槌川水門

 車内から眺める小槌川水門。震災前の写真においでもその存在感は抜群で況んや荒野となれ果てた現在をや。

DSC_1038
吉里吉里の街並み

 潮風に錆びたトタン屋根は港町のあるべき姿を思い出させてくれる。その古びた姿に安堵を覚えた。

DSC_1040
駅名標

 吉里吉里である。鳴き砂が有名と言うことだ。地名はアイヌ語由来で鳴き砂の擬音であるらしい。

DSC_1042
遠くの砂浜は美しい

 車窓からは吉里吉里海岸が臨める。思いの外砂浜は綺麗だ。

DSC_1043
大槌湾
DSC_1046
堤防

 吉里吉里から織笠にかけてはこの路線のハイライトと言えるだろう。木立や法面の間隙よりしばしば目に入る海は浅瀬においてトルコ石のごとき白みがかった緑、少し深くなったところでは水平線まで続く紺碧である。そこには写真に収まりきらない空間の広がりや海蝕崖の燦々とした白堊の輝きがある。

DSC_1048
駅名標

 浪板海岸の駅名標はうまく撮れなかった。

DSC_1049
波板海岸

 リアス式海岸は一瞬湖のような印象を持たせる。それは閑かな海面、対岸の稜線に起因するものだがそれが柔らかな開放感に繋がるように思う。

DSC_1051
船越

 浪板海岸を出て四十八坂と呼ばれる難所を越えると山田である。こちらも小学校時代、震災関連交流で訪れたことがある。あのときは山田北小学校に訪れた。上の写真は船越近辺である。

DSC_1054
駅名標

 岩手船越駅。1時間半ほど後に再訪したので深くは取り上げない。

DSC_1056
鯨と海の博物館

 車窓からは鯨と海の博物館が見える。こちらもやがて訪れる。

DSC_1058
山田湾

 山田湾はいよいよその碧さを増してその深さは計り知れない。

DSC_1062
駅名標

 織笠駅は住宅街のただ中にあり近くには山田中学校や体育館がある。もう山田駅はほど近い。

DSC_1064
作業中

 奥の山々には雪が降り積もりその奥には本州最東端、トドが崎があるのだろう。防波堤の建設が進められている。

DSC_1065
山田駅にて

 陸中山田駅で下車。山田町についても手短に紹介し詳細はこちらに。

DSC_1066
駅名標

 陸中山田駅の駅名標。

DSC_1067
はぴね

 山田駅に隣接する施設。

DSC_1068
山田駅舎

 山田駅舎は跨線橋も設置される意趣に富んだものである。近くには商業施設であるびはんや飲食店、岩手銀行、コンビニがあり駅を町造りの中核に据えている感じがするものだ。大槌よりも活気があるように思え、訪問者の印象も良くなることだろう。

DSC_1075
いっぷく

 駅から500メートルほどの所にあるこちらの飲食店で昼食を摂る。

DSC_1077
牡蠣天丼

 こちらはカキ天丼。大粒の牡蠣に軽やかに纏わり付く衣は牡蠣の風味を損なわない。牡蠣から溢れる汁は甘みすら感じるほど。お椀の中身はワカメと豆腐のお吸い物、小鉢はわかめと人参の和え物であり観光客を対象にしているのかと疑いたくなるほど郷土色豊か。

DSC_1082
山田湾

 こちらは山田港から眺めた山田湾。オランダ島を中心に附近には牡蠣や海栗の筏が浮かぶ。風は強かったが波は穏やかである。山田港には漁船が並び漁業を中心とした漁港には活気が漲る。

DSC_1091
龍昌寺

 こちらは龍昌寺。鈴木善幸元総理の菩提寺でもあるらしい。

DSC_1098
山田八幡宮

 山田八幡宮には秋祭りの主役となる神輿が収められている。やはり活気があって良いものだと、内陸に住む私などは人間同士の繋がりの深さも含めて憧れてしまうものだ。

DSC_1110
山田駅

 山田駅はその真新しさが町に溶け込んでいて無機質な寂しさを感じさせなくて良い。

DSC_1113
切符

 切符を買ったらなぜか硬券であった。一旦船越まで戻る。

DSC_1114
レトロ列車

 レトロ列車がやってきた。しかし座席数が少ないこの列車は繁忙期の運用には向かないように思えた。

DSC_1120
鯨の剝製

 こちらは海と鯨の博物館。かつて捕鯨で栄えた山田の様子や海洋のことを展示、説明している。

DSC_1131
骨格標本

 マッコウクジラの骨格標本。ただただその大きさに圧倒されるばかり。商業捕鯨の復活は山田に恩恵を与えるのだろうか。

DSC_1137
船越駅

 船越駅には椿が咲く。白い雪も相俟って碧梧桐の赤い椿白い椿の句のようだ。

DSC_1139
船越駅舎

 船越駅の3人目の駅ノート記述者となった。

DSC_1142
駅名標

 豊間根は山田町内にあるが山田駅からは長い山道を上り詰めた15分ほどの所にある。

DSC_1143
払川駅

 払川駅構内である。まっすぐ延びる線路は旅愁を誘うものである。

DSC_1144
駅名標

 払川駅の駅名標は撮影に失敗した。払川駅の別名は新しい希望だった気がする。とても雑な命名である。

DSC_1145
駅名標

 津軽石駅まで来ると宮古はあと少し。鮭の養殖で有名なところである。

DSC_1146
駅名標

 払川駅と共に新設された駅。住宅の中にあり港町と言った風情は消え失せている。

DSC_1148
駅名標

 磯鶏駅は宮古駅の一つ手前の駅。閉伊川を渡れば宮古駅はすぐである。

DSC_1150
閉伊川

 閉伊川を渡るところにはモーターボートが浮かんでいて何やら作業をしている人影。

DSC_1152
もうすぐ宮古

 かつてここを列車が通ることを夢想して道路を歩いたがそこを現在眺めている。

DSC_1153
宮古駅にて

 宮古駅に到着。広い構内には三陸鉄道の車両が並ぶ。ここでもJRのホームを使っており、三陸鉄道がJRを追いだした形だ。

DSC_1154
宮古駅舎にて

 跨線橋を渡るとレトロ列車が。山田船越間で乗った車両は釜石で折り返したらしく再びの乗車となった。

DSC_1155
久しぶりのJR

 山田線は廃線寸前で直通列車も四往復しか無く区間列車も少ないので完全に三陸鉄道に打ち負けている。

DSC_1156
これから乗る列車

 帰りは盛岡行きの普通列車で向かう。一両編成の車内は満席に近く盛岡まで乗り通す人が殆どだった。

DSC_1157
駅名標

 宮古駅の駅名標。

DSC_1158
盛岡駅に着いた

 盛岡に着いたら雨であった。窓に感じる冷気が沿岸のそれとは全く異なり身震いした。

投稿者: yonekura53

こんにちは、米倉と申します。海老名鰹だしとも申します。クラシック音楽と旅行好きの大学生です。

三陸鉄道の旅」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。