早池峰山縦走コースを行く

 一昨年のお盆の頃だっただろうか、早池峰山へ登って来た。コースは七折れの滝から鶏頭山に登り、中岳、早池峰山と経由して小田越えへと下山するものである。幼少の頃、祖母からもらった北東北の希産植物、という図鑑を手にしてから早池峰山には憧れを抱いていた。朝の八時頃、登り始める。

IMG_20170811_080857
渓谷を進む

 岳の集落から林道へ入って、暫く進むと徒歩道へ移り変わる。しばらくはこのような崖沿いに進んでゆくのである。

IMG_20170811_081135
典型的な渓流の風景

 七折れの滝があると聞いて幾度も渓流に目をやったが中々現れない。

IMG_20170811_083024
小さな滝

 これは七折れの滝ではない。

IMG_20170811_083225
七折の滝

 遂に登場した七折れの滝。実際目視で確認できるのは5つぐらいだろうか。

IMG_20170811_083408
水量は比較的多かったように感じる

 写真で見ると迫力に欠けるが、前日までの雨もあり、水量が豊富で滝の音が谺している。飛沫も相当なもので汗ばんだ肌に澄んだ水が当たる。

IMG_20170811_083644
まずは鶏頭山へ

 七折れの滝からはいよいよ登りとなる。1.5㎞で700m程を登るのだから相当なものである。鶏頭山までは急登なのだ。

IMG_20170811_085010
ハエの温床と言える洞門

 急登となると写真を撮ることや喋ることがおっくうになってしまう。上の写真は途中でくぐり抜けた洞門。中は藪蚊の温床と化していた。

IMG_20170811_090308
霧が立ち込める

 スズメバチに2回ほど追いかけられた。2人で登ったが友達の方がよく追いかけられていて、おかげで私はゆっくり登ることができた。

IMG_20170811_092929
遠くの山々の稜線が見える

 尾根に到達するとガスは一旦切れた。

IMG_20170811_094121

 岩の稜線に到達すると高山植物が現れた。

IMG_20170811_094127
高山植物を見るのは実に久しぶりのことであった

 どこを見ても花が広がっているのである。急登の苦しみも一気に晴れてしまい、足早に鶏頭山を目指す。

IMG_20170811_094132
絵になる風景

 このような幾つかの岩峰を超えてゆく。しかし樹林帯のような閉塞感はなく、岩を踏みしめる足も軽やかだ。

IMG_20170811_094417
大体の花の花期は終わっていた

 これはウスユキソウだが、ハヤチネウスユキソウなのだろうか。ミネウスユキソウというのもあるそうなので注意が必要だ。

IMG_20170811_094503
気に入っている写真

 これはナンブトラノオなのだろうか。崖にへばりつくようにして咲く様子は健気だ。8月中旬と多くの花は見頃を迎えていたがまだその美しい姿を楽しむことはできる。

IMG_20170811_095309
蜻蛉が飛んでいる

 このような切り通しも幾つか存在する。人為的なものではないと思う。

IMG_20170811_095429
暗くなってきた

 はしごを登る箇所もある。これから何キロもこのようなお花畑、そして歩きやすい稜線が続くと思うと非常に楽しみだ。

IMG_20170811_095433
ニセ鶏頭

 これはニセ鶏頭。お地蔵様が登山の安全を見守っていらっしゃる。

IMG_20170811_100059
中国の山を思わせる

 岩峰を振り返ると水墨画のような峻厳とした光景が広がっている。

IMG_20170811_101031
迫力のある風景

 斜面はハイマツと思しき低木が辺り一面を占めている。しかし登山道の周りは常に花々で覆われていたのだった。

IMG_20170811_101314
鶏頭山

 鶏頭山に到着。ここで男性ハイカーと出会った。早池峰山頂まですれ違った登山者はこの方のみだったのでいかにこのコースが不人気かが分かる。(花の保全には役立っているのだろう)

IMG_20170811_101832
こんなに穏やかな道ばかりではない


 草花は稜線がお好みのようだ。短い春を謳歌する高山植物は生存できる場所も限られているのだろう。

IMG_20170811_102528
泥濘が酷い

 暫く進むと再び切り通し。幽玄さを感じる。

IMG_20170811_102630
岩場
IMG_20170811_103223
実際にはもう少し明るかったような気がする

 非常に花が多いため、その有り難みが幾分薄れてくる。ウスユキソウは今まで見たことがなかったが一面に咲くウスユキソウを見ていると希少な種であると言うことがいつしか忘却の彼方へ追いやられてしまう。

IMG_20170811_120917
人の胴体に見えなくもない

 忽然と屹立する岩峰。雲のベールを身に纏うが、これはその一瞬の隙。歩いていると下から霧が抜けてゆく。

IMG_20170811_122705
馬の背

 上の写真の遠くに見える岩壁が中岳である。直前には蟻の渡しとでも呼べそうな細い岩の通路がある。チョークで行き先を示してくれているので迷うことはないと思うが滑落は避けたいところ。

IMG_20170811_122759
岩場はとても楽しい
IMG_20170811_123148
薄雪草

 岩壁を登りつつある間にもウスユキソウ。ウスユキソウの早池峰山での遭遇率は非常に高く、特にこのような岩場では必ずと言って良いほど棲息している。なぜ早池峰が特別な山になったのか不思議だ。

IMG_20170811_123323
実際には傾斜がきつかったように思う
IMG_20170811_123325
落ちそう

 ロープを伝って登ってゆく。ロープは新しいようで頼もしい。(あまり使わないようには心掛けていたが) 

IMG_20170811_123454
中岳到着
IMG_20170811_123452
ここからが大変だった

 中岳に到着。これで鶏頭山と早池峰山の行程の半分ほどは来たことになる。この先泥濘がひどく、眺望も優れず、更には疲労も溜まってきたので写真は殆ど撮らなくなってしまった。途中で見つけた水場という表示に従うと涸れ沢の源流に連れて行かれるので其方へは行かないことをお勧めする。

IMG_20170811_131355
いよいよ早池峰山へ登っていくこととなる

 これは早池峰山頂直下。カメラの向けられた先が山頂で、斜面は低木で覆われているがところどころ岩が露出している。カルストで有名な秋吉台にも似た風景である。

IMG_20170811_133010
良い景色

 見下ろすと若草色の草原が広がっていることが分かる。山頂近くはウスユキソウだらけで写真を撮ったときフレームに入らないことの方が珍しい。

IMG_20170811_135116
また霧が立ち込めてきた
IMG_20170811_135309
石を積みたくなるのは人の習性なのか

 途中にあったピラミッド。

IMG_20170811_135830
踏みそう

 タカネヤハズハハコだろうか。もしそうであれば非常に珍しい種であるらしい。

IMG_20170811_140346
見慣れた薄雪草

 これはいよいよ山頂が近付いた頃だ。軽い岩場を登ってゆく。

IMG_20170811_140622
山頂は見えない

 山頂間近の登攀はいつも厳しいものがあるが、1歩ずつ踏みしめて歩いて行く。

IMG_20170811_141357
おそらく山頂

 ようやく山頂に着いた。もう既に一時を回っている。5時間程度は歩いてきたのだろうか。

IMG_20170811_141400
早池峰山神社

 山頂に着くと山の日であっただけあって賑わいを見せていた。私はその陰で淋しくクジラの缶詰とおにぎりを食べていたが、汗が乾いてきて身震いするほどである。8月中旬とはいえ高山は寒い。長居は不要と見て花園を去ることにした。

IMG_20170811_144314
お花畑

 山頂直下には湿原が広がる。木道が整備されていて歩きやすい。

IMG_20170811_144446
山頂はもう遠くなってしまった

 岩を渡り歩くことも既に慣れた。跳ねるようにして進んでゆく。

IMG_20170811_144620
お花畑

 小さな池もあるが、殆ど涸れていた。この湿原の先に門馬方面、小田越えの分岐点がある。河原の坊コースへの分岐は山頂にあるが崩落のため現在では通行できない。

IMG_20170811_145143
写真で見るほどの傾斜はなかった

 山を降り始めると時折晴れ間が見えた。それは移ろいゆく雲の中にあって儚いものだったけれど何処か清新な印象すら与えた。

IMG_20170811_145310
アルプスを思わせる風景

 遠くに落ちる光線は緑で覆われた斜面に色調の変化をもたらす。

IMG_20170811_145313
こちらも同じく

 どこまでも牧歌的な草原が続く。遙か彼方の晴れ間というのは人間にどれ程虚しい憧れを抱かせてきたのだろう。

IMG_20170811_145613
頑丈なはしご

 途中にははしごもある。

IMG_20170811_145922
驚くほどきれい

 年々雪で削られてゆく斜面にも花は毎年咲く。

IMG_20170811_150452
急いで下山

 ついに晴れ間は閉じてしまった。鬱蒼とした斜面は次第に雲に包まれてゆく。

IMG_20170811_151322
連れははるか遠くへ

 ロープにリードされながら着実に下山する。

IMG_20170811_153708
神々の集い
IMG_20170811_153705
下は見えない

 これが高山への最後の別れと撮った写真。これ以降熊の出そうな山道をひたすら降りてゆく。 人声が大きくなってきたかと思えば登山口はすぐ近くだ。登山口では友達のお父様にお待ちいただいた。 簡単に着替えをして石鳥谷駅まで送っていただく。石鳥谷駅からは早池峰山の姿は見えなかった。列車の中は混んでいて席があまり空いていない。加えて泥にまみれていたので人のすぐ近くには座れない。悲しいことに盛岡まで立って移動することになってしまった。

投稿者: yonekura53

こんにちは、米倉と申します。海老名鰹だしとも申します。クラシック音楽と旅行好きの大学生です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。