雨中の正法寺(水沢)

 黒石寺に訪問した後は正法寺へ向かった。黒石寺より2㎞ほど登ったところにあり、こちらは日本一の大萱葺屋根で著名である。

DSC_0683
正法寺への入り口

 国道の旧道との分岐に正法寺の入口がある。この一帯には小部落があり、正法寺の門前町と言ったところだろうか。

DSC_0684
実は格式がある寺

 写真にもあるように正法寺は曹洞宗の寺院である。1348年、無底良韶禪師が開山したと伝わる。その頃は南北朝の対立が最も激しかった頃だ。かつては奥羽二州の本山として栄え、江戸幕府によりその格式は失うも伊達藩の加護を受けて栄えることとなる。

DSC_0685
重要文化財が点在している

 惣門、庫裏、鐘楼堂、法堂は国の重要文化財、小方丈、開山堂は奥州市の重要文化財となっている。

DSC_0686
庫裏
DSC_0688
地蔵が良い

 惣門の前にはお地蔵様、石碑など盛りだくさんだ。石碑はどれも古く、文久年間とされるものもあった。

DSC_0689
それでは入ろう

 惣門前の石段はきつく、人が登ることをあまり想定していないようでもある。

DSC_0694
古びている

 惣門をくぐって萱葺屋根を見に行こう。

DSC_0697
奥に見えるは国道

 石段を登り切った先から振り返ると上の写真のような風景となっている。

DSC_0698
庫裏

 広場から臨んだ庫裏。

DSC_0700
鐘楼

 鐘楼も見える。

DSC_0703
寒い


 広場の全景。山間にひっそりと佇んでいる。

DSC_0707
本堂
DSC_0701
とても大きい

 法堂は途轍もなく巨大だ。しかしどこか民家のような安心感さえ覚えさせられるのは不思議な感覚であった。巨大さの割には全く違和感を感じさせない。

DSC_0705
大きさが伝わりにくいのが悲しいところだ

 比較する対象がないので大きさが解りづらいと思うがかなりの大きさだ。

DSC_0706
梅の木

 春も近いと見えて梅の芽が赤く色づいてきている。ここの山号は大梅拈華山という洒落たものなのである。

DSC_0708
上り


 熊野大権現堂へと続く道は、そのお堂の小ささと比べてあまりにも囃し立てられすぎている。

DSC_0716
僧堂

 僧堂への入口。一般の人は立ち入れないが黒光りする巨石はこの空間に規律を与えている。

DSC_0712
ちょっとした庭園

 正法寺七不思議の一つ、小啼池。赤子の泣き声が聞こえてくる池らしいが池は殆ど涸れていて池と呼べるかすら確かではない。

DSC_0717
雪が雨に変わったかのような冷たさ

 梅の咲く季節が待ち遠しい。今は雨の滴の華が咲くのみ。

DSC_0720
本堂を内部より

 いよいよ庫裏の中に入ってみたが、内部は撮影禁止ということで写真はない。内部の展示では正法寺の歴史を知ることができる。特に良韶禪師の生い立ちの逸話は幽霊と人間のハーフだということもあってかなり奇怪だ。

DSC_0721
かやぶき屋根の大きさにも慣れてきた
DSC_0722
ちょうどいい田舎
DSC_0724
実は相当大きい

 萱葺屋根の寺院も良いものだ。庫裏の内部には二、三の仏像、襖絵、掛け軸が展示されている。開山堂の中には歴代住職の木造彫刻がある。

DSC_0725
鐘楼

 いずれも江戸末期の建築らしいがよく手入れがされていて綺麗な姿を保っている。

DSC_0728
最後の本堂

 最後に全体を振り返ってみた。梅の季節にまた訪れたいものである。

DSC_0729
この後斎藤實記念館へ向かった

 惣門を出るとすぐある小橋。曖昧なる黄昏を迎えようとしている曇天だ。

投稿者: yonekura53

こんにちは、米倉と申します。海老名鰹だしとも申します。クラシック音楽と旅行好きの大学生です。

雨中の正法寺(水沢)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。