大槌町に行ってみた

この旅はこちらの稿と一連の流れをなしている。そちらも参照されたし。

DSC_0956
駅名標

 釜石駅より三陸鉄道に乗車し大槌駅に到着。

DSC_0957
大槌駅

 発車のチャイムはJRのものと同じでありそれには非常に驚いた。

DSC_0959
新しいプラットホーム

 乗車した列車を見送る。

DSC_0960

 線路より海側には何も無く嫌味なほど新しい線路は虚無さを演出し哀しみを思い起こさせる。

DSC_0961
大槌駅舎

 大槌駅の駅舎はひょうたん島をモデルにしたもの。(ひょうたんをモデルにしたといった方が良いのだろうか)

DSC_1032
ひょうたん島

 駅前にはキャラクター。

DSC_0963
砂埃が酷い

 商業施設の復活があまりなされていないようで寂れてしまったように見える町並みが続いている。駅前も淋しいものだ。

DSC_0964
代官所跡

 大槌町役場の前には代官所跡という史跡がある。

DSC_0965
説明板

 釜石から山田までを治めていたと言うから驚きだ。

DSC_0966
説明板

 大槌城は阿曽沼氏の分家とされる大槌氏の居城で1616年、南部氏の計略によって滅ぼされるまで栄えたそう。その後は代官所ができるまで南部氏の代官が置かれた。

DSC_0967
お城風

 大槌町役場。

DSC_0968
登り口

 それでは城山に登って行こう。

DSC_0970
冬枯れが寂しい

 初めのうちは平坦で上りやすい道であったがすぐに急な階段による登りに転じた。

DSC_0972
立派な竹林

 竹林が実に素晴らしい。盛岡では殆ど見ない光景だ。

DSC_0974
何の花であろうか

 春を急ぐ花もそこかしこに咲いている。

DSC_0977
天使の梯子

 展望台より大槌湾を臨む。ひょんたん島のモデルとなった蓬莱島も見えるが分かるだろうか。防潮堤の先にほんの僅か、あるかないかのくらいに存在する。

DSC_0978
寂しい街並み

 海浜地区には建物があまりなく距離感がつかめないが蓬莱島まで4km程はある。

DSC_0980
貧相な山容

 小学生達が植林をしたらしい。

DSC_0984
三の郭

 三の郭に到着。

DSC_0985
説明板

 説明はこの通り。

DSC_0987
海がきれい

 朝焼けを眺めてみたい。

DSC_0988
三の郭

 三の郭はとても広い。天気も少しずつ快復してきた。

DSC_0989
内陸の町

 西側にはこのように住宅街が広がっている。建設中の高速道路がよく見える。

DSC_0992
説明板
DSC_0993
二の郭

 二の郭に到着。

DSC_0994
説明板

 説明はこの通り。

DSC_0995
本丸

 主郭に到着。思いの外狭いところだった。

DSC_0996
説明板

 説明はこの通り。

DSC_0997
石碑

 説明板にも使われていた大槌城址の石碑が上の写真のものである。

DSC_0998
二の郭を眺める

 主郭からは三の郭までを見下ろすことができる。

DSC_0999
説明板

 広場には地図もある。役場登ると高館とあるところから尾根伝いに主郭まで歩ける。植林されていたところが四の郭だろうか。

DSC_1000
海が見える

 西の館より下ろうと思う。

DSC_1005
竹垣

 道ばたには綺麗に咲いた福寿草。傍らには今にも咲きそうな水仙もあった。

DSC_1006
春らしくなった

 竹林は道路を若草色に染めている。鶯の鳴き声も聞こえてきた。熊も出没するらしい。

DSC_1007
忠魂碑

 大槌町公民館には忠魂碑。大日本帝国時代の戦没者を追悼している。

DSC_1008
納骨堂だろうか

 こちらもその類いのもの。

DSC_1009
希望の灯

 希望の灯り。

DSC_1010
震災遺構

 震災の爪痕を色濃く残す大槌町に灯る灯りに犠牲者を想う。

DSC_1012
竹の若葉が美しい
DSC_1013
梅の馨り

 麓には小さな神社が。石段は壊れてしまっていて立ち入りが禁止されているが竹林と椿、紅梅が美しい。この旅は春を見つけに来たものであったように思える。

DSC_1014
参道
DSC_1015
小槌神社

 小槌神社へ訪れた。

DSC_1016
説明板

 説明はこの通りである。

DSC_1018
本殿
DSC_1019
逆光が酷い

 この頃には完全な晴天となっていて屋根に照り返す光が眩しい。

DSC_1021
神輿

 神輿の金箔は剥がれ落ちたような所が無く新鮮な輝きを持っている。

DSC_1022
山神様
DSC_1023
笹藪

 竹林を背景にすると鎌倉や京都などの寺院に面影が似てくるようだ。

DSC_1024
樅ノ木
DSC_1025
かなり大きい

 境内には天然記念物の樅の木があるが駅方面からだと杉の木に隠れて全く見えない。

DSC_1027
石碑類
DSC_1028
小さな石碑

 石碑達はどれも古そうだが明治から昭和にかけてのものが殆どだった。

DSC_1017
少し暑くなってきた

 小槌神社を後にする。

DSC_1029
橋を渡る
DSC_1031
マスト

 帰りはマスト内にあるマイヤに寄ってミカンジュースとイルカを買って大槌駅へ戻った。

投稿者: yonekura53

こんにちは、米倉と申します。海老名鰹だしとも申します。クラシック音楽と旅行好きの大学生です。

大槌町に行ってみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。